.

現実にPCのディスプレイの前に座って、いつも上下しているマーケットを眺めていると何やら売り買いをするという思いに駆られる場面も多いと思います。仕事 辞めたい アフィリエイト

だがしかし、なんとなく衝動でトレードすることだけは断じてしてはいけません。

事実、外国為替相場は24時間いつでもいずれかの国の市場はやっているしマーケットも常時変動している。

だからといって、立て続けに売買を積んでいくと、その分損失を被る危険性が上がります。

当然の事ながら、売買の回数を重ねることによってトータルで稼げる可能性が50%、50%になるのは事実。

しかし「なんとなくアイデアで売り買い」することとは話が異なります。

エントリー回数を積み重ねるというのは、自ずから「ここがチャンス」と考え付いた確信を持ったうえでの売り買いの回数を増やすという事です。

ただ、絶え間なくエントリーをするのとは大きく違います。

外国為替市場の駆け引きに立ち向かうためには、あなたがよく考えて緩急をつけることが不可欠です。

「ここだ!」と考えた為替相場の時には持っているポジションを増やして意識して利益を追求します。

「何となく頭をかかえる為替相場で、どう動くのか読めないな」と考えた時は執着しないで売買ポジションをすべて閉じて放置します。

それぐらいのけじめがあったほうが、売買はうまくいくものだ。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りです。

取引とは、何も常に売買ポジションを所有する事が全部ではなく、売買ポジションを所有せず何もしないことも事態によっては、取引です。

では、どういう場面で休めばよいのだろうか。

ひとつめは、前に述べたように、これからの外国為替相場が曖昧でよく見えない時。

現状から高くなるのか安くなるのか決断できない時はヘタに動くと、自分自身で書いたストーリーとは逆の方向にマーケットが向ってしまい損する事になってしまいます。

そのため、こういったケースではポジションを減らしてそのまま様子を見ているのが唯一出来る事です。

第2に、あなた自身の体の調子が思わしくない時です。

体の具合と為替相場に関係しないと考える方もいると思いますが実際には考えている以上につながりがあります。

健康状態が思わしくなければ、外国為替市場の失敗できない場面で必要不可欠な判断ができません。

気乗りがしない時はトレードから目をそらす事も肝心な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.net-fun.net All Rights Reserved.