.

為替への介入は知っていますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌、TV、ネットなどの報道で目にした方も多いと思います。MVNOで格安スマホ生活

初めから為替介入(外国為替市場介入)というものは日本においては、・大臣(財務大臣)為替の安定を実現できるように施行する手はずとして位置づけられています。ロスミンローヤル 効果 なし

要は、極度の円高もしくは円安になった際に財務大臣の指令に従って日本銀行が日本円の売り買いをして円相場の安定を狙う、というものです。

為替の介入にはやり方が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・政府または日本銀行が東京市場の中で市場に参加し外国為替平衡操作(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが話し合ったうえ、各々の通貨当局のお金を活用して同時期にまたは引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を行なっていく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局に対して為替の介入を委任する。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局に成り代わって為替の介入を執行する。

これらのやり方があります。

どの外国為替平衡操作(為替介入)も一時期、継続的に為替レートにとてもインパクトを与えるのです。

為替介入の金額は当たり前のことですが国家の権威をかけて行なうだけに段違いなのです。

円を元にして考えると、普通は数銭単位で変動する相場が不意に数円単位の動きをします。

個人投資家の人なら過去に経験したことがあると考えますがそこまでは順当に含み資産(または含み損)が多くなっている保有高を持ち続けていたのだが、保持している持ち高が決済しましたという報告が業者の発信でメールが・・・どのくらい黒字になったのか(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済されたデータを確認すると、自分で予想していた事とはまったく反対の結果になってしまい目を丸くしたとの話がよくあります。

介入が行なわれた場合によくある話なのです。

為替介入を実施すると為替市場の動向とまったく反対の変化をします。

それだけでなく動く額の範囲はかなりでかく変動するため注意が必要です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.net-fun.net All Rights Reserved.